price

産後骨盤ダイエット

産後骨盤ダイエット

当サロンでは託児ルームにて保育士が赤ちゃんをお預かりします

妊娠の中期〜臨月にかけて「リラキシン」と呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。
このホルモンは産道を確保するために恥骨結合や仙腸関節などを中心に
全身のじん帯ゆるめる作用があります。
そして、おなかに赤ちゃんを長い間納めていますので、
徐々に「骨盤底筋群」に負担がかかり、
自然分娩の場合は更にこの筋肉を大きく傷つけてしまいます。

臨月に向かい白線と呼ばれる場所が左右に広がりそれが腹筋を弱めます。
帝王切開の場合は筋肉を大きく切ることにより長い間腹筋が弱い状態になってしまいます。

これが産後の状態です。これらを解消するのに必要なのは、

  • ゆるんだじん帯を強化
  • 骨盤底筋群の改善
  • 白線の改善や腹筋の改善

当サロンの産後骨盤ダイエットはこの3点の改善を考えて考案された方法です。

クオリティ

産後のケアができると、本当に言えるところは多くありません。

  • 赤ちゃん雑誌に連載を持っていました
  • 保険組合の機関誌に連載中
  • 産後骨盤ダイエットの講座なども数多く担当
  • 看護師や助産師団体などでも多数講演を行っている
  • 大ベストセラー『産後骨盤ダイエット』を執筆した 産後骨盤矯正 の専門家のサロン

安心、というのはこういった外部での活動から伺うことができます。

効果

今まで多数の喜びの声をいただいております。

  • 腰回りが出産前よりも引き締まった
  • 背中の違和感が解消した
  • ウエストが細くなった
  • 下半身が細くなった
  • 二人目がすんなり妊娠できた
  • 育児の疲れが出にくくなった
  • お腹のたるみが解消した

その他お気軽にスタッフまでご相談ください。

産後に必要なのは”減量”ではありません!

妊娠前に比べて臨月のときには十数キロ体重が増えています。
ところがこの大半は出産と同時に解消され、残りの数キロは母乳の原料となります。
ですから、体重を減らす、という意味でのダイエットは必要ありません

骨盤矯正と産後骨盤ダイエットはまったく違います!

産後は全身のじん帯がゆるんでいるのに“矯正”が必要でしょうか。
矯正手技の多くは骨格を緩めてしまうので、産後の時期には手技の選択が必要です。
出産正しい手技の選択により、前の体形よりきれいにすることは可能です。
ですから、産後骨盤ダイエットは“骨盤専門スタッフ”のいる当サロンにお越しください。

産後骨盤ダイエットの手順を紹介します

腹部のトリートメント

まずは白線を中心とした腹部のトリートメント。産後骨盤ダイエットでは、上半身と骨盤がうまく連動できるようにこの部位からの施術です。

骨盤を中心とした関節の引き締め

骨盤を中心とした関節の引き締め。産後に広がりやすい骨盤下口を中心に関節を引き締めていき骨盤底筋群の負担を軽減させます。

 

じん帯の引き締め

じん帯の引き締めです。より骨盤が安定しやすくなるようにしていきます。

機能的な姿勢づくりの指導

産後骨盤ダイエットが終わりましたら、機能的な姿勢づくりを指導いたします。妊娠中の姿勢が残ってしまうことも多く、それが様々な症状の原因になったり体形の戻りを遅くしてしまいます。
産後の姿勢が体型を決定づけますから、単に矯正を受けるのではなくお客様ご自身も習慣の改善に取り組んでもらいたいと考え、一つ一つ丁寧に指導していきたいと思います。

※Q&Aにも産後骨盤ダイエットに関する情報が満載です。こちらもご参照ください。

書籍紹介

産後骨盤ダイエット 料金(税抜)
1回 14,000円 → キャンペーン実施中
指導料(初回のみ) 20,000円
産後骨盤ダイエット 題名:『産後骨盤ダイエット』
著者:山田光敏
出版:PHP研究所
定価:1,365円
ISBN:9784569697253
amazon出産部門 第1位 を記録しました!
資料をご請求の方にはお得な料金表をご用意しております。
キャンペーン情報もご覧下さい。お得な情報が満載です。
〜産後骨盤ダイエットを受けるにあたってよくある質問をまとめてみました〜

安心して産後骨盤ダイエットを受けていただくために

産後骨盤ダイエットを受けていただく際に出産時の状態によって開始時期が異なります。

自然分娩 … 出産後1か月から
帝王切開 … 出産後2か月から

また、産後の肥立ちによって開始時期が変わることもあります。
もし気になることがございましたらスタッフまでお気軽にお尋ねください。

産後いつまでが”産後骨盤ダイエット”の対象ですか

産後骨盤ダイエットは原則として産後1年以内としています。
ただ産後3年までは通常の骨盤矯正と産後骨盤ダイエットのどちらかを選択していただくことができます。
これは産後のからだの変化はおよそ3年続くからです。
コースの選択に迷われた場合はカウンセリング又はビジター矯正をお受けください。
おからだの状態を拝見した上でどちらのコースが合っているかご説明させていただきます。

リバウンドはありますか

産後骨盤ダイエットは骨盤の緩みを引き締めていくものです。
ですから出産時よりも骨盤が歪みやすくなることはありません。
出産というのは骨盤周辺に大きな怪我を負うようなものです。
負担のかかった筋肉や靭帯などのケアも同時に行い、しっかりと骨盤を安定できるようにしていきたいと思います。
ですから再度、骨盤が緩んでしまうといったリバウンドはありませんのでご安心ください。

通常の骨盤矯正と産後骨盤ダイエットは何が違うのでしょうか

出産後の骨盤は産道を確保するために骨盤全体が緩んでいます。
また腹筋も左右に大きく広がり、腹筋をうまく使うことができません。
産後骨盤ダイエットでは、こういった骨盤の緩みや腹筋の広がりといったものを解消することが主眼となります。
また、妊娠時に蓄えられた妊娠脂肪をうまく授乳時などに消費されるのを促したり、
妊娠時に変化した重心の位置を整えたりといったことを行っていきます。
骨盤矯正では、仙腸関節や股関節といった骨盤周辺の関節の位置を整えたり
負担のかかってしまった筋肉などの緊張を緩和することで体形や症状の改善、二人目不妊予防を図るものです。
ですから産後骨盤ダイエットと骨盤矯正では目的や施術内容などまったく異なるものと言えるのです。

終了後はどうしたらよいですか

産後骨盤ダイエットがいったん終了してからも、女性には育児という大仕事が待っています。
育児は普段行わないような姿勢が多いですから、からだには少なからず負担となります。
ですから産後骨盤ダイエットを終了してからも、月に1回程度、メンテナンス矯正を受けられることをお勧めいたします。

予約を取るには

産後骨盤ダイエットを受けていただく際の流れを簡単にまとめてみました。産後骨盤ダイエットは開始時期が早い方が効果的ですから、なるべくお早めにご連絡ください。お客様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

  • ビジター矯正をお電話にてお申し込みください(産後1年を経過された方はカウンセリングを受けてください)
  • 妊娠〜出産までの経過を簡単にまとめてお持ちください(母子手帳でも結構です)
  • ビジター矯正時はTシャツと短パンをご持参ください。
その他、詳しくはカウンセリング又はビジター矯正時にスタッフまでお気軽にお尋ねください。